年賀状 知識

年賀状知識

日ごろからお付き合いのある方はもちろんのこと、ご無沙汰している方へも気軽に出せるのが年賀状です。特にご無沙汰している方へは近況を伝えるための貴重な機会なのでめんどくさがらずに出すようにしましょう。

最近では、メールで済ませる方も多くなりましたが、やはり心のこもった年賀状が届いたほうが何倍もうれしいものですよね。

年賀状を出す時期

一般的に年賀は松の内(1月7日まで)のことをいいます。
それより後に出す場合は、年賀ではなく「寒中見舞い」とします。寒中見舞いは2月4日(立春)までならだしても大丈夫です。

また、立春を過ぎた場合は、「余寒見舞い」として出します。

返し年賀状

年賀状を出していない、出し忘れてしまった方からの年賀状が届いたときに、返事を書かないことがもっとも失礼にあたります。

松の内(1月7日まで)に届くのであれば、年賀状として返信しますが、松の内に間に合わなければ、寒中見舞いを出します。

年賀状の発送が遅れた理由を書く必要はありません。頂いた年賀状に対するお礼の気持ちを添えますが、目上の人などにはかえって失礼になるからと、普通の年賀状として書く方が良いともいわれます。

年賀状キャンペーン情報
年賀状・喪中はがき 早期割引実施中

※11月30日23:59まで お早めに!

キャンペーン
年賀状かんたん見積もり
ふるさと納税広告付きはがき
詳しくはこちら
 当サービスは、SSL暗号化通信によりお客様の情報を保護していますので、安心してご利用いただけます。

プライバシーマーク