被災地に送る年賀状について

受付終了しました。
たくさんのご注文、ありがとうございました。

今月のおすすめ商品
プチギフトが一緒に送れる
「おまけ付きはがき」

2019年は、台風などの様々な災害がありました。
被災地へ暮らす方へ、年賀状を送って良いか迷われている方も多いでしょう。
地震や台風で被災された被災地の方へ、年賀状を送って良いか、また送る文面に困った時は、ぜひ年始状を送ってみてください。相手を気遣う思いやりのはがきです。また、年始状は喪中はがきの代わりや、寒中見舞いの代わりにも送ることもできます。

そもそも年始状とは、被災地の方を含め、年賀状を出して良いか悩んだ時に送れる「お祝いの言葉」を使わない「あいさつ状」です。
用途としては、被災地の方へ年賀状の代わりに出す場合や、「賀詞」を使いたくない場合(相手の気持ちを察して)に出すあいさつ状として最適です。
ポイントとしては、
*「賀・慶・祝・寿・Happy」などのお祝いの言葉は避けた方が良い
*近況報告は入れても良い
*句読点は入れない方が良い
相手を気遣う文章や感謝の言葉、近況報告を入れると良いとされています。

年始状は、「喪中はがき」や、喪中の方に送る「喪中見舞い」、「寒中見舞い」の代わりに送ることもできます。
喪中の時に、年賀状が届いた場合の返礼として送ることもできます。
喪中はがきは、近況報告は入れませんが、年始状には近況を入れても問題ありません。
また、送るはがきの種類は、お年玉付き年賀はがきではなく、郵便はがきか私製はがきが適しています。

年始状専用デザインはこちら

どう書けばいいの?

送るはがきの種類は、お年玉付き年賀はがきではなく、普通の郵便はがきか私製はがきが良いとされています。

< タイトル >

「謹んで念頭のご挨拶を申し上げます」
「新年のご挨拶を申し上げます」
「新春を迎え皆様のご多幸をお祈り申し上げます」
「いかがお過ごしですか」など

< 文章の内容 >

穏やかな年でありますよう 心よりお祈り申し上げます
本年もどうぞよろしくお願いします

昨年の災害に対し心よりお見舞い申し上げます
新しいこの年が明るく穏やかな一年となりますよう 心よりお祈り申し上げます

お静かに新年をお迎えのことと存じます
新しい年が皆様にとって明るい一年になりますように

新しく迎える年が皆様にとって明るい一年となりますように

新しいこの年が幸多き年でありますよう祈念いたします

旧年中はあたたかいご支援を賜り心より感謝申し上げます
本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます

お静かに新年をお迎えのことと存じます
故人のご冥福を心よりお祈り申し上げると共に 新しい年が穏やかな年でありますよう心からお祈りいたします

< 日付を入れる >

令和○○年 ○月 など

※年始状を「投函」でご注文された場合は、年始にお届けになるよう、年末に投函させていただきます。

ご不明な点は、メールまたはお電話にてご連絡ください。


年賀状キャンペーン情報
年賀状かんたん見積もり
必要な枚数を入力 >
よくある質問 ギフトのハリカ
 当サービスは、SSL暗号化通信によりお客様の情報を保護していますので、安心してご利用いただけます。

プライバシーマーク